図鑑用語「双子葉植物」


h1.gif
Ψ 「花びら」と「萼片」が区別できる。

Ψ 花被片・雄しべ・心皮の数が4-5の倍数である。(4数性・五数性)

Ψ 葉脈は網目状(網状脈)である。

Ψ 茎は肥大成長する。(形成層の活動により太る)

Ψ 茎の「維管束」は放射状に正しく配列する(筒状に並ぶ)

Ψ 主根(太い根)が一本伸びて側根をつける

Ψ 子葉は2枚で基部がさやにならない

h3.gif
▼「5数性・四数性」(ごすうせい・しすうせい)

花を構成する「ガク」「花弁」「雄しべ」「雌しべ」などが[4・5]またはその『倍数』からなることをいう

s.jpg
▼ 「網目状」(あみめじょう)

脈が途中で枝分かれして「網目」のようになっている葉

i1.jpg
▼ 「維管束」(いかんそく)

「水分」や「養分」の通路となると共に「植物体」を強固に保つ働きをする。放射状に規則正しく並んでいる

futaba.jpg
▼ 「双子葉」(そうしよう)

「発芽」した時の「子葉」の数を表し二枚ある場合「双子葉」といいます。

n.jpg
▼ 「双子葉植物の根」

太い「ゴボウ根」が一本発達しその脇から細い根が出る。

bk1_top.gif

ページの先頭へ

単花果・多花果・集合果

単花果

ひとつの果実が一個の子房または子房群に由来する場合をいう。
真果はすべて単花果であるが、単花果は必ずしも真果ではない。偽果として例に挙げた、キンミズヒキ属、シラタマノキ属の果実はいずれも単花果である。

多花果・複合果

ひとつの果実が複数の花の子房または子房群に由来する場合多花果または複合果という。

集合果

単花果の中で果実が一個の単一子房または一個の複合子房に由来する場合は単果、複数の単一子房由来する場合集合果という。例へばマメ科の果実は単一子房由来の単果、柿のの木の果実は複合子房由来の単果である。これに対し、キンポウゲ属、キイチゴ属の果実は不特定多数の単一子房由来の集合果であり、真果である。またオランダイチゴ属やヘビイチゴ属も集合果をつくるが、この場合は花托が伸長、肥大するので偽果でありイチゴ状果と呼ばれる。

uonumatitle-1.jpg

SEO [PR] !uO z[y[WJ Cu