図鑑用語「雄しべ」


osibe.gif
▼ 「雄蘂」(おしべ)

花の中にある「雄性」の生殖器官で、細長い糸状の花糸と、その先にあって「花粉」を入れている「葯」とからできている。「種子植物」における「小胞子葉」を「雄しべ」といいます。「小胞子のう」をつけ「小胞子」を作る器官をいい。「小胞子嚢」は「花粉嚢」(かふんのう)に、「小胞子」は「花粉粒」になります。

▼ 「葯」(やく)

「雄しべ」のなかで「花粉」を作り、収納する器官で普通二個の「半葯」からできている。

◇ 二強雄シベ(にきょうおしべ)
o1.gif四本ある「雄しべ」のうち、二本が長くまた二本が短い「二対」になるつき方をいいます。 「オドリコソウ」「シソ」「サギゴケ」など


◇ 四強雄シベ(しきょうおしべ)
o2.gif六本ある「雄しべ」のうち四本が長く二本が短い場合をいう。「アブラナ科」に特有


◇ 三体雄シベ(さんたいおしべ)
o3.gif一花中にある多数の「雄しべ」の花糸が下部で合着して三つの「束」になっているもの。 「アブラナ」「オランダガラシ」など


◇ 単体雄シベ
o4.gif一花中にある多数の「雄しべ」の「花糸」が全部合着し一個の「束」になったいるもの。 「フヨウ」「ムクゲ」「ツバキ」など


◇ 五体雄シベ(ごたいおしべ)
o5.gif一花中にある多数の「雄しべ」の[花糸」が、下部で合着し五個の「束」になっているもの。 「トモエソウ」「キンシバイ」など


◇ 二体雄シベ(にたいおしべ)
o6.gif「花糸」が合着して「2束」になっている雄しべ。マメ科では10本のうち9本が合着し、一本が離れ「二体雄しべ」となっている。 「エンドウ」など


◇ ◇ 集葯雄シベ(しゅうやくおしべ)
o7.gif一花中の[雄しべ」が互いに合着して「筒状」になったもの 「キク科」など


bk1_top.gif

ページの先頭へ

単花果・多花果・集合果

単花果

ひとつの果実が一個の子房または子房群に由来する場合をいう。
真果はすべて単花果であるが、単花果は必ずしも真果ではない。偽果として例に挙げた、キンミズヒキ属、シラタマノキ属の果実はいずれも単花果である。

多花果・複合果

ひとつの果実が複数の花の子房または子房群に由来する場合多花果または複合果という。

集合果

単花果の中で果実が一個の単一子房または一個の複合子房に由来する場合は単果、複数の単一子房由来する場合集合果という。例へばマメ科の果実は単一子房由来の単果、柿のの木の果実は複合子房由来の単果である。これに対し、キンポウゲ属、キイチゴ属の果実は不特定多数の単一子房由来の集合果であり、真果である。またオランダイチゴ属やヘビイチゴ属も集合果をつくるが、この場合は花托が伸長、肥大するので偽果でありイチゴ状果と呼ばれる。

uonumatitle-1.jpg

SEO [PR] !uO z[y[WJ Cu